• ホーム
  • タバコを止めることが健康の第一前提

タバコを止めることが健康の第一前提

禁煙表示

タバコが健康にもたらす悪影響というものは多くの方にも周知の通りです。
喫煙を習慣的にしている方の死亡要因として、多くの方がタバコが原因でまき起こしてしまった病気であり、人により様々な原因で健康を害していると言えます。
多くの人はメリットがあるから禁煙に踏み出そうとするのです。
しかし、喫煙の習慣はなかなか止めることのできない厄介なものです。

先述したように、喫煙が原因で病気になる可能性が高いと理解していても、禁煙ができないという事実は、タバコは大変止めづらいものだと説明できます。
生活の中で何気なく嗜むものですから、タバコが何かのリズムとなっているのも事実です。
そして中毒性が高い物質が多く含まれていますから、禁煙すると生活の一部が切り取られた感覚になり、気軽に購入できる事ですぐに吸ってしまうという負のスパイラルが形成されやすいものでもあるのです。
しかし、タバコの害は恐ろしく、ガンを始め、あらゆる病気を招きます。

最もリスクが高いのは、喫煙の際に共にする飲食と言われ、アルコールの摂取や脂分の高い食事など、タバコとセットになることで内臓や血液、そして脳にまで重い負担をかけているということです。
健康的な食生活を心がけていたとしても、肺や心臓、喉、血液の循環は喫煙を止めることをしなければ改善されません。
また、軽い運動を習慣的にこなしていても、同様のことが言えます。
タバコは百害あっていちりなしと言われるほどです。
従って、止めるのとにより得られるメリットは多く、健康を維持するためには必須な条件といっても過言ではありません。

タバコを止めると、そのメリットはすぐに感じることができます。
まずは呼吸の深さから始まり、快適な睡眠、食生活でも食べ過ぎなどが減り、メタボ体質も改善されると言われます。